スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランス電源 VS スイッチング電源 前編

予告にも書きました通り、トランス電源とスイッチング電源の評価試験を行います。と、いっても、前編はまだその準備段階ですね。

昨日、秋月電子で頼んだスイッチング電源が届きました。

スイッチング電源 タバコと比較
小っさ!!


予想以上の小ささです。右のタバコとの比較を見ると小ささが良くわかります。これで5V1Aが出力され、かつ直流安定化電源のようです。しかも600円って・・・・・・・・・・(^^;

さて、次はトランスです。ちなみに、全波整流器と三端子レギュレータで直流化するつもりです。LEDやトランジスタを利用するものもありますが、めんどくさいカバオの手には負えないので、今回はやめておくことにします。

さっさと調達して作ってしまいましょう。
と、思った矢先でなんなんですが、ちょうどいいトランスが
見つかりません・・・(T T
出力が5V1A同士での比較予定なので、1次入力AC100V、2次出力9V1.4Aぐらいのトランスを買うつもりでした。丁度いつも使っているお店で売り切れになっているという間の悪さ。次の入荷は一週間ぐらい先になるそうなので、仕方なく1次入力AC100V、2次出力6V120mA*2のトランスを購入です。センタータップありで、負電源も評価できるってことで良しとします。

さて、6V出力のトランスから5V出すのは割と無茶ですが、出力が120mAで、センタータップ型全波整流器を作りますので、三端子レギュレータに低ドロップアウトであるLM2940を使えば何とかなるでしょう(120mAの時、max0.11Vのドロップ)。整流器もショットキ・バリア・ダイオードである1GWJ42を使います(こちらは120mAで0.45Vのドロップ)。

 ※欲しかったトランスが手に入ったら、その評価結果も載せます。

トランス電源横 トランス電源縦 ケース

トランス電源回路図

こちらが今回作ったトランス電源となります。写真の下に回路図を載せています。ケースと基板が一緒になっているテイシン電機TB-11を使いました。トランス以外は余りもので作ったのに、何故か豪華な構成になっています。問題なく±5V出ることは確認できましたが、正直PPSなんてまるでいりません(^^;;

しかし・・・・・・・・・・
大きさ比較

左端がスイッチング電源5V1Aの本体、右端がトランス電源5V120mAの本体です。この写真を見ていると、一般用電源ではスイッチング電源しか見ない理由が良くわかります。

(後?編に続きます。とかいって、SE-U55SXのときみたいに、また前中後編になるかもしれません(^^;;)

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

こんにちわ

訪問ありがとうございます。
オーディオ関係ですか。わたしも電子回路をかじってますけど、オーディオはさっぱりです。
始めて1年ですか。
これからも頑張って下さいね。

RE:こんにちわ

応援ありがとうございます。
電子回路は予測もしないことが起こるのが逆に楽しいですね。
happysyonenさんもブログの更新がんばってください!
貴方の作る回路が動くことも心から楽しみにしています。
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。