スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPA付USBDAC 製作記 ④

HPA付USBDAC 製作記  /  / 

接続写真1 外形写真2

HPA付USBDAC 製作記 ④ です。今回は音質の評価と今後の展望です。

HPA付USBDAC写真 HPA付USBDAC
※バッファ用オペアンプはVCC-をつないだ方がよいかもです。単電源のまま行きたいなら、OPA2365がお勧めです。
※2009/10/14 回路図ではバッファ用オペアンプにNE5532ADが記載されていますが、動作電圧が足りないので、VCC-に電圧を入れるか、NJM5532やNJM4580に変更しないと動きません。すいません。

音質評価

音質は、大体予測はつくと思うんですが(笑)、超小型USBDAC第2号に良く似ています。ただし、容量の大きなコンデンサを多用して電源部を強化しただけあって、低域が改善された音を鳴らしています。

また、ヘッドフォンアンプの音質は、基本的に直列抵抗(REY25)とオペアンプにのみ依存するように設計してありますので、抵抗や、特にオペアンプを変更するとコロコロと音が変わってバッファ用のオペアンプの音質を見るのにも丁度いいかもしれません。音質自体は、FETヘッドホンバッファアンプと比べると、低域の再現力が低いと思いました。簡易版ですので、仕方がないといえば仕方ないんですけどね(^^;

ただし、ヘッドホンアンプの挿入による音質劣化は、ほぼありませんでした(というか、私が聞く限り変わりありませんでした)。アンプ側の負荷の高低にもよると思うんですが、少なくとも通常使用する分には問題がなさそうです。

第1号総括

ヘッドホンアンプ付でしっかり鳴らす、という当初の目的は達成です。設計して思ってたことなんですが、ここまで基板面積に余裕があるのなら、三端子REGをデジ、アナ用に二つ作って、(バスパワー駆動だけど)セルフパワーモードで鳴らしたほうが、良かったように思います。

また、負電源にLTC660ばっかり使ってちょっと面白みにかけるので、次からはMAX764~766あたりを使っていこうと思います。部品点数が非常に少ないのと、ICの載せ変えだけで電圧を-5、-12、-15のいずれかにできるので非常に便利な上、それとコンプリっぽいMAX761/762で12V,15Vを生成して、±12/15Vの電源を使うことが出来ます。とはいっても、使いこなせなきゃ意味無いんですけどね(^^;

今後の展望

そろそろDAIの勉強が終わったので、次からはDAI+DACの基板になると思います。DACはPCM1794Aに決まっているんですが、DAIはDIR9001CS8416かで悩んでいました。高音質だけを狙うなら、ジッタの性能でDIR9001が勝り、マルチプレクサや、サンプリング周波数のレンジなど多機能性ではCS8416が勝ります。ただし、どちらもUSBにはつなぐことはできないので、PCM2906か、PCM2704あたりに仲介をお願いする必要があります。めんどくさいなぁ・・・・(本音)

その他、PCM2706がUSBとつなげてかつDAIの役割も果たせるようで、PCM2706+PCM1794Aにすれば、USBのデコード(?)用に1ICかませる必要なくなるので、USBで鳴らすのみなら、こちらの方が音質有利になる可能性もあります。

などなど、色々試したい設計がたまってるので、そろそろ基板の発注に入らなきゃなあ・・・・・・(ただいま足踏み中。忙しいのも原因なんですけどね)

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

カバオ

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。