スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超小型USBDAC製作記 ⑥

超小型USBDAC製作記  /  /  /  / 

DAC三点比較1 2号比較

今更ながら。
「これって、"超"がつくほど小型じゃないよね?」
と、冷静になってしまったカバオです。"小型"ぐらいにしとけばよかったかな・・・・・・・・・

この記事も6回目で、結構長めに続けているので、今一度条件を確認します。

①バスパワーで駆動
②50*37.5の基板で製作
③なるたけ高音質に設計する。
④USBコネクタとステレオミニコネクタは基板搭載型にする
⑤1台あたり5000円以上はかけない。

ですね、今回、部品表を載せる第2号もこの条件にのっとって設計してあります。

2号内部 2号回路図
※バッファ用オペアンプはVCC-をつないだ方がよいかもです。単電源のまま行きたいなら、OPA2365がお勧めです。
※2009/10/14 回路図ではバッファ用オペアンプにNE5532ADが記載されていますが、動作電圧が足りないので、VCC-に電圧を入れるか、NJM5532やNJM4580に変更しないと動きません。すいません。

こちらが今回作ったDACの内部と回路図です。詳しくは前回の記事を御参照ください。

そして、以下が今回使った部品表です。一応、購入した店と費用も載せておきます。店によってはかなり誤差があるかもしれませんが、あくまで参考ってことで(^^;;

部品番号 部品名 型番 備考 費用 購入店
IC1 USBDAC 16bit/48kHz PCM2704 - S/N比98dB 540 Digikey
IC2 オペアンプ(LPF用) LT1498 - 定格±5V以上 658 Digikey
IC3 オペアンプ(バッファ) NJM4580 - 表面実装 48 Digikey
IC4 負電源生成IC LTC660 - 表面実装 580 Digikey
R1 フィードバック抵抗 - 1MΩ 一般品で可 1 -
R2-R3 プルアップ抵抗 - 1.5kΩ 一般品で可 2 -
R4-R5 USB通信用抵抗 - 22Ω 一般品で可 2 -
R6-R8 LPF抵抗 LF1/4 11kΩ Audio格品推奨 30 鈴商
R9-R10 LPFベース用抵抗 - 11kΩ 一般品で可 2 -
R11-R13 LPF抵抗 LF1/4 11kΩ Audio格品推奨 30 鈴商
R14-R15 LPFベース用抵抗 - 11kΩ 一般品で可 2 -
R16 電源フィルタ用 - 2.2Ω 一般品で可 1 -
R17-R18 Zobel(基本入れず) LF1/4 10Ω Audio格品推奨 - 鈴商
R19 電源LED用 - 1.5kΩ 一般品で可 1 -
VR1-VR2 LPF半固定抵抗 - 1kA 一般品で可 120 デジット
X1 水晶発振子 - 12MHz 一般品で可 59 Digikey
C1-C2 水晶発振子安定用 - 18pF 値は水晶に依存 10 Digikey
C3,C5,
C6,C14
電源平滑コンデンサ - 6.3V100uF 積セラ 120 秋月電子
C4,C13,
C14,C26
電源平滑コンデンサ SEPC 6.3V100uF Audio格品推奨 800 千石電商
C7,C10 LPFコンデンサ ECHR 390pF Audio格品推奨 250 RS
C8,C11 LPFコンデンサ ECHR 100pF Audio格品推奨 250 RS
C9,C12 LPFベース用 - 22uF 積セラ 40 秋月電子
C15,C31 電源平滑コンデンサ SEPC 560uF Audio格品推奨 500 千石電商
C25 負電源部コンデンサ - 16V100uF 一般品推奨 10 デジット
C36,C37 Zobel(基本入れず) (ECHU) 0.1uF Audio格品推奨 - (Digikey)
C other 高周波除去用16個 - 0.1uF 積セラ 80 -
L1,L3 雑音除去用コイル - 4.7uH 定格100mA以上 20 千石電商
L2 雑音除去用コイル - 10uH 定格100mA以上 10 千石電商
D1 電源用LED - - - 10 デジット
- 感光基板(4枚分) 40K 75*100 ガラスコンポジット 500 デジット
- ステレオミニコネクタ - - 基板取り付け型 100 千石電商
- USB-Bコネクタ - - 基板取り付け型 100 千石電商
総計         4876  

あるもので作った感があるので、購入店がバラバラですね(^^;
フィルムコンデンサをECHSに変更してDigikeyで買ったり、抵抗をツテで東京で買ってきてもらった多摩電気のLFではなく、千石電商で売ってるREY25に変更したりして、購入店を統一すべきだったかもしれません。秋月電子の通販で買えるものは、大抵Digikeyでも買えますしね。

今回製作にかかったお金は表の通りです。高いオペアンプを使った分、費用がかさんでいますが、その分音質の向上に期待です。

音質評価
※注意 例によって、カバオの主観です。あまり当てにしないでください。

今回のDACは、エージングなしでもあまりがやつきません。かわりに、もやっとしたような、こもっているような音が出ました。その後、エージングを120時間ほど行い、本来の音質を聞いてみます。
よし、クリア!Σd
第1号に比べ、とても澄んだいい音です。カップリングコンデンサを除いたのが良かったのか、はたまたオペアンプの性能か、高域、低域ともに良く出ていますし、変な音ものりません。

さすがに、全部あわせて1万円以上改造にかかった(最早原形をとどめていない)改造SE-U55SXには及ばず、nabeさんの高音質USB-DACと比較してみると、やはり、こちらの方が第2号よりクリアで音が多く、低域の出に大きな違いが出ていると思います。ですが、少なくとも比較用に借りたSE-90PCIを上回る音質です。ノーマルの高価格帯サウンドカードが手元にないので(X-Fiは比較対象外)、どのくらいの実力なのかはっきりとつかめないのが実情だったりします。もうちょっと電源関係に物量を投入できたら、音質のクリアさという点では改造SE-U55SXに迫れるかもしれません。

第2号総括
前回の反省点を踏まえて製作した第2号ですが、このシリーズで一番初めに言った"中音質"と言うのに相応しいものが出来上がりました。最高の音が出るとは全然いえませんが、音質はそんじょそこらのサウンドカードには負けません。コストパフォーマンスも表に載せた通り、5000円以下で製作できました。かかった費用と音質を比較すると、前回以上のCPが得られていると思います。

また、これで、今までに作った超小型USBDACは打ち止めです。これから超小型USBDACの記事を書く場合は、結構な間隔が空くと思います。
第3号の展望・・・・・・は、一応あるんですが、まだ完成していないので掲載は未定です。第2号の音質で結構満足してしまいましたし(汗)。

次回から何載せようかなあ・・・・・・・・(^^;;

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

回路を拝見すると、かなりプロらしい(量産品の設計)です。
趣味の製作と考えると、DACとオペアンプの電源コンデンサからセラコンをすべてやめると付属音(ピエゾ効果)が無くなり自然な綺麗さがでます。

Re: No title

 コメントありがとうございます。
 セラコンを使うか否かはいつもオーディオ系の電子回路を作るときに凄く悩みます。デジタル系はほとんど重視していないので、サイズとかCPとか考えちゃって現状セラコンに甘えることが多いです。
 でも、アナログにも回ってくるんじゃないかと不安になるのを考えたら、タンタル&フィルコンにするかOSコンのみで頑張ってもらった方がいいかもしれませんね
FC2カウンター
最新記事
プロフィール

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。