スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超小型USBDAC製作記 ①

今までカバオが作ったものシリーズ第二弾

超?小型で中音質なUSBDACです。超に「?」がついてるのは、これ以上に小さなUSBDACが発売されているからです。あとDenDACとか。
報告形式だと「作りましたーはい終わりー」となってちょっとさびしいので、日記形式で紹介して行こうと思います(^^;;;

元々は、こっちのDACを作ろうとしてたんですが、PCM2702が手に入らなかったんで、代わりにPCM2704を使おうと取り寄せていたところ、タイミング悪く?友人から、PCM2702を譲ってもらうことが出来て、余ってしまったものを再利用するために作ったDACです。だってもったいないじゃないですか(^^)

作ろうと思ったときの条件は

①バスパワーで駆動
②どうせ感光基板で作るので、一番小さい感光基板サイズ100*75の1/4の大きさ、50*37.5の基板で作る
③小さいだけでまともな音が鳴らないのでは作った意味がないので、なるたけ高音質に設計する。
④手軽に済ませるためにUSBコネクタとミニステレオコネクタは基板搭載型にする(ケースにコネクタつければいいという考えは、基板は小さくなるけどケース全体で見て大きくなるから却下)
⑤1台あたり5000円以上はかけない。

です。小さくてできるだけ高音質、可能なら財布に優しいものにしたい、という方針です。因みに、X-Fi GO!は4500円ぐらいDenDACは12000円ぐらいが相場だそうです。小ささじゃ3層4層のメーカー品には絶対勝てませんから、頑張って値段と音質で対抗ですΣp(^^)

超小型USBDAC製作記 ②に続きます。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。