スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー改造 R1000TC(NA) ④

スピーカー改造 R1000TC(NA)
   /  / 


今回は、ようやく部品を交換します。

スピーカー外見2 R1000TCAMP回路図
ケーブルを切り離すとごちゃごちゃになっていやなので、ケーブルつけたまま横着してやることにします。

部品取り 部品取り2
時たま、ケーブルにはんだごてが接触して、ものすごく体に悪そうな煙とにおいがします。臭い・・・・・

部品取り4 部品取り3
写真右のオペアンプ取り外しには、非常にてこずりました。8ピンだから、全部半田を完全にとらないと
外れないんですよねー(^^;

部品全部とり
つ・・・・・・疲れた!

部品取りに1時間ぐらいかかりました。一番苦労したのは、接着剤に包まれてる部分です。半田でどろどろ溶かしながら、さっと取り外しました。

早速、部品を取り付けていきます。

部品付け1 部品付け2
またも、接着剤が邪魔です・・・・・・・気を取り直しながら取り付けます。

部品付け3 部品付け4
コンデンサは、元の電解コンデンサより、若干大きめですね。25V3300uFぐらいで丁度いいサイズではまるかもしれません。全波整流器は、銅箔と絶縁テープでぐるぐる巻きにしてあります。

これで取り付けは完了です!

音質評価
PCM2702 USBDACで鳴らします。
さすがに、部品を交換しただけなので、音はすぐになりました。オペアンプの発振だけが不安でしたが、何事も無く音出しは成功です。
で、肝心の音質なんですが・・・・・・・

見(聞き?)違えました

正直、気味が悪いです。今まで籠もってた音を、何枚も剥いでクリアにしたような別物の音が鳴ります。購入したスピーカー代金と改造部品代を足しても、同価格帯でタメを張るスピーカーを探すのは難しいでしょう。
「まだエージングも定電圧化もしてないのにこれ・・・・・・・?」
カバオが駄耳だからか!? とも思うんですが、明確に違うので、部品交換によってかなりの効果を得られているようです。
また、副次的な効果として、電源OFF時にポップノイズがのってたんですが、それが消えました。多分、カプコンの交換か、電源部コンデンサの容量を大きくしたのが要因かと思います。

総括
当然ですが、アンプ部の部品のグレードによって、音質は非常に変化するようです。DACばっかり良くしても駄目だなーと再確認できました。20W級のD級アンプとか作りたいですねー、TDA7490とか、TPA3120D2とか使って、思案中です。
また、これで一応R1000TCの改造の記事は終わりますが、そのうち、おまけとして定電圧化回路を付け足そうと思います。だから、もうちょっとだけ、音質改善できそうです。加えて、そのころにはエージングも済んでいると思いますので、その効果も合わせて載せようと思います。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。