スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIのD級アンプ、TPA3120D2を試す

皆さんこんにちは、カバオです。

前回に引き続き、D級アンプを扱っていこうと思います。

今回は、テキサスインスツルメンツのD級アンプIC、TPA3120D2を試します。
TPA3120D2_2 TPA3120D2_1

前はブレッドボードを使わずに酷い目にあったので、今回は慎重にアプローチしていきます。

そして案の定、想定してた回路ではうまく動きませんでしたOTL

今回の失敗

1.片方Rだけ鳴らそうと思って、LOUTには一切触れない。
症状→スピーカーが延々と「プップップッ・・・・・・・・とポップ音を鳴らし続ける
解決→LOUTとBSL間を0.22uFのコンデンサでつなぐ。Rの方にも影響あるんだ・・・と思ったミスでした(^^;

2.GAIN0,GAIN1がFloat
症状→音が凄い変。割れてるというか。ノイズどころの話じゃない。ゲインがおかしいときに流れる音っぽい。
解決→GAIN0,GAIN1をグランドに落とす(というか、電圧を入れるかグランドに落とすか設定をきちんとする)

ポップノイズ
ポップノイズが酷いです。電源を入れたときは「プップップッポツッ」と鳴り、切ったときも「ポツッ」と鳴ります。
MUTEやSHDNを使ってもうまく消えません。
リレーなんかの遅延回路を使って消しにかかる予定です。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

フィルタレスD級アンプPAM8403まとめ

皆さんこんばんは、カバオです。

今回は前回紹介したD級アンプPAM8403のまとめです。

P1020544.jpg P1020547.jpg
上の写真がPAM8403で作ったアンプです。アンプは初めて作ったので、スピーカー壊すのやだなあ、と思って2個500円で売ってた秋月の放出品?スピーカーユニットを試験的に使っています。

大きさはコネクタ、ボリウム含めた最大外形120×80×32(奥行き×幅×高さ)で、箱だけだと80×50×30ぐらいです。3Wステレオアンプにしては、結構小さくできたと思います。
P1020550.jpg P1020552.jpg
右図が100×100のスピーカーと並べた図です。アンプにしては小さめ?

注意点は

1.2.5~3.1Vで鳴らすこと(必須!ベストは3.0Vかと)
2.入力カップリングコンデンサ容量はデータシートより気持ち大目の方がよいかも?

です。万が一(笑)PAM8403でアンプを作って鳴らない場合はお試しください。
回路図は以下のようになります。一応部品表も作ったので、参考程度にご覧ください。
PAM8403Ver1.jpg
部品番号 部品名 型番 備考 購入店
IC1 ステレオ3W
D級アンプ
PAM8403 - 実質動作2.45-3.15V デジット
L1 コイル 一般品 4.7uH 電源平滑 千石
R1-R2 オーディオ抵抗 REY25 1kΩ 入力保護 千石
R3-R4 低ノイズ
セメント抵抗
MPC78 電源平滑 デジット
R5-R6 オーディオ抵抗 RP-24C 10Ω ZobelFilter
R7 一般品抵抗 - 100kΩ ポップノイズ低減 デジット
R8 一般品抵抗 - 10kΩ ポップノイズ低減 デジット
R9 一般品抵抗 - 560Ω LED用 デジット
C1 100uF6.3V*10
積セラ
- 1000uF 3216積み 秋月
C2 100uF6.3V*5積セラ - 500uF 3216積み 秋月
C3 100uF6.3V*5積セラ - 500uF 3216積み 秋月
C5 積セラ - 1.5uF VREF用 秋月
C4,C6 ニッセイAPS - 0.047uF ZobelFilter 千石
C7 100uF6.3V*5積セラ - 500uF 3216積み 千石
C8 ニッセイAPS - 1000pF ポップノイズ低減 千石
VR1-VR2 ボリウム一般品 - 10kΩ 音量調節 マルツパーツ
ECPU1-2 カップリングコンデンサ ECPU 0.47uF   Digikey
LED1 赤色LED ? 1.5V LED ?


このアンプでは、ちょうど電圧が低かったので、秋月で10個300円で売ってる6.3V100uFの積セラを積んで、ケミコンレスにしてあります。800円ぐらいでケミコンレスっていうのも笑えちゃいますけどね(^^;

また、都合よくジャンク扱いで持っていたニッコームのRP-24CとニッセイAPSがあったのでZobelを組みました。

あとD級アンプなので、ホントはポップノイズ対策しなくちゃいけないんですが、めんどくさいのでデータシートにのってたSHDN回路周りにちょちょっと手を加えた程度におさまっています → 試してみるとポップノイズは電源入れたときに軽く「プツッ」と鳴るだけです。切るときは何もおきません。低減回路が割と効いてる?

ボリウムは擬似Tなんですが、ちょっと抵抗値が大きすぎてあんまり役に立ちません(^^; 5kAぐらいがよかったかもです。でも手持ちにないので変えてません。3Wなので全力再生がちょうどいいぐらいなんですけどね?

音質評価
まだ大してエージングもしてないので、なんともいえないんですが。
えーと、ですね・・・・・・・・・
うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・・・
感覚的に1万円強ぐらいのアクティブスピーカーに積んでるアンプとっ外したら、これぐらいの音質なんじゃないかな、と思いました。

すいません・・・わけのわからない評価で。

むちゃくちゃしたR1000TCのアンプには、今のところ劣っている感じです。でも、アンプって触ったことがほとんどないから良し悪しが明確にわからないんです。

単三電池電池4直2並から3Vで落としたら、音量はともかく音質は常用できるレベルです。秋月の3V2A SW電源使っても、ケミコンレスが効いているのか、はっきり「駄目!」って思うほど悪くはないと思います。

勿論、まともなD級アンプに比べて音質は「所詮・・・」がついちゃうと思います。加えて、電源電圧のシビアさには正直殺意を覚えますが、CP的には悪くないと思うので、アンプを扱うための練習台にはおすすめです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

超お手軽D級アンプ、PAM8403の悪夢!

どうも、皆さん、お久しぶりです。 カバオです。

2ヶ月ぐらい放置してしまいました(^^;
仕事が忙しいってのもあるのですが、一番の理由は上記タイトルのD級アンプが原因です。

すごいですよーPAM8403。デジットや共立エレショップで売ってるんですが、IC含めて10個の部品で製作可能で、ステレオタイプの3WフィルタレスD級アンプなんです!

ものすごいお手軽ですね。デジットでIC買うときに「あ、周辺部品調べます?」と、気を使ってくれた店員さんと一緒にデータシート見たとき、思わず同時に苦笑いしちゃいましたよ。

余分に買う必要のあるものが何一つないです

で、もって帰ってきて早速製作開始。

・・・・・・・30分後

製作完了!

はい? 写真? ああ、あるにはありますよ、でもね(^^;

動かないもの撮っても仕方がないですよね♪

ええ、ええ、落ち込みましたとも、そんな簡単なICひとつ鳴らせないのかと、引越しやら何やらでブレッドボードも持っていなかったので、ユニバーサル基板で作ったためにバグチェックもしにくくてかないませんでした。

そのうち回路図とかちゃんとまとめますが、バグチェックの過程をのせておきます。

①SHDNやMUTEが、Lowでアクティブになると完全に誤解していたことに気づく(実際は逆)。とりあえずどちらもGNDにつなぎなおす

鳴らない

②Zobelフィルタをのっけていたので、なんか負荷とかいらないことをやってるんじゃないかと不安になり、外す

鳴らない

インターネットで検索すると、3Vぐらいでしか動作しないらしい。LM317で落とすのも面倒なので、直列に適当な抵抗をはさんで3.17Vぐらいに落としてみる。

鳴らない!


④やっぱり3Vじゃないと駄目か? と思い、単三アルカリ電池2直列を電源にして動かしてみる

・・・・・・な・・・・・・鳴らない

お前、ほんまなんなん!?
(カバオは関西人です)

えーと、ユニバーサル基板なのでここまでに結構な手間がかかっています。ちょうどこのとき職場での仕事が回路のバグフィックスだったので、

仕事でもバグ取り、趣味でもバグ取りという、極めて(頭が)深刻な事態になりました

⑤意を決してブレッドボードを購入。驚くほど安い。凄いぜ秋月電子。

PAM8403_2
早速試しています。

⑥やっぱり電源だった!!

PAM8403_1
結局LM317を投入。可変抵抗でいじいじしてみたら、2.4-3.15Vで安定動作します。
アルカリ電池は、電圧測ってみたら2直で3.2Vもありました。1.5V定格動作とか、盲信は禁物ですね・・・・・

また、カップリングコンデンサは0.47uFでは動作に雑音などの不具合?っぽいものが出るように思います。そんな馬鹿な、とも思うんですが、もはやこのICに関しては信頼なぞひとかけらもありません。

結局、正常に鳴らすのに1ヶ月かかりました(おお、恥ずかしい!)。

おまけ

あ、あと、秋月で売ってた3V出力の中国製ACアダプタでも正常に動作が確認できました。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

カバオ

Author:カバオ
1984年5月25日生まれ 2008年12月現在 電子回路歴3年、オーディオ回路歴1年の、いわゆる初心者。

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。